OKマークを作る女性

臭いの原因

雑菌の臭い

「デリケートゾーンがくさい」というのは、こうして文字にするのはそれほど難しくありませんが、声に出して口にするのはなかなか難しい……というか、そんなことは口にできません。
というわけで、女性はひとりで悩んでいるという場合が多いわけで、その情報もなかなか回らないのです。たとえば、その臭いの原因はどこにあるのか、ということとか。
デリケートゾーンの臭いとは、ズバッと言うのであれば「膣の臭い」であり、その原因はやはり膣自体にあるのだと言えます。
主に、そこに繁殖する雑菌が原因であるという場合が多いと言われています。カンジダ菌や大腸菌のような菌が、汗や尿の残りや、生理の時の経血などを栄養として繁殖し、その結果臭いを生み出すというメカニズムが分かっています。

洗い流す

雑菌による膣の臭いを解消するには、手っ取り早い方法があります。膣洗浄を行うことです。汗や垢、尿や経血の残りを膣から洗浄によって一掃して、雑菌の栄養分を絶ってしまうのです。
洗浄には、さまざまなアイテムを使うことが出来ます。その名前どおりの「膣洗浄器」というアイテムもありますし、トイレのビデなども洗浄に使えると言われています。
ただ、膣の奥の方から臭いが発生するような場合には、外側を洗い流すのには適しているけれど中には届かないというビデでは不十分。
ノズルを膣に入れ、水を噴射して洗浄するという洗浄機のほうが、その効果を上げることが出来ます。
また、雑菌自体を殺す「殺菌」についても、ケアしてあげるとよく臭いを抑えます。たとえば、お肌にやさしい殺菌成分を含んだウェットティッシュなどでこまめに拭くと、それによって雑菌の量を減らすことが出来るのです。